導入事例

現在までの導入実績数
0070件

これまでに「二次読影が信頼できる」「セカンドオピニオンとして使える」「(自分の病院の)放射線医が若くて未熟なのでチェックしてもらえてありがたい」などのお声をいただいております。

  • 当院では放射線科医が不在の為、今回導入した遠隔画像診断システムは当院のような僻地との地域間での質の格差がなくなると考えられます。又、撮影方法やタイミング等のアドバイスも同時に頂けるので、今後も積極的に活用していきたいと思います。

    詳しく見る

  • 精度の高い診断を提供することが患者様への一番のサービスになると考えますが、残念ながら当院には放射線科の常勤医はおりません。遠隔にてしかも熊本大学の放射線科医による読影サポートを受けることが出来、大変重宝致しております。

    詳しく見る

  • 当院は放射線科医が1名であるため、さまざまな画像診断を判断しています。現在利用している遠隔読影システムを利用することでダブルチェックを行うことが出来、より高い精度を維持出来ることが可能であると感じております。

    詳しく見る

  • 2009年7月よりワイズリーディング 遠隔画像診断を導入して約4年が過ぎようとしています。 当院では、毎月20~30件の MRI・CT検査の読影依頼を行っており、早急に結果を要する症例や、困難な症例に ついてのコンサルタントをお願いしております。

    詳しく見る

  • ヘリポートを併設し、救急病院としても地域医療に対応する当院は(株)ワイズ・リーディング(中山社長、放射線科専門医)、富士フイルムメディカル(株)との連携により、 検査画像報告を逸早くフィードバックすることができ、地域医療機関とも検査時間の効率化を図ることができました。

    詳しく見る