~南熊本三丁目の読影データ管理拠点が稼働~
「熊本大学連携インキュベータに入居し、床面積24㎡程度のスペースを確保しています。取引先の医療機関から送信される画像データの管理拠点とするほか、遠隔読影センターでの読影、画像診断も行います。画像データ管理のための専用のサーバを設置しました」