第14回医療情報学会春期学術学会(テーマ:日本版EHRと地域医療情報システムの標準化、主催:一般社団法人日本医療情報学会)が、5月28日、29日の2日間にわたって、香川県高松市のサンポートホール高松で開催された。
 29日のランチョンセミナーでは、「顔の見える地域医療連携を目指して 『遠隔画像診断熊本モデル』の取り組み」と題して、ワイズ・リーディング代表取締役・熊本機能病院放射線科部長の中山善晴氏が、熊本県で3年前から実際に行われている、CTやMRIなどの患者の画像をネットワーク経由で診断する遠隔画像診断について講演した。
 中山氏は「地域に根ざした遠隔画像診断運用を目指して、3年間活動してきた。従来は近隣の病院に出張して画像診断をしていた。しかしこのやり方では、時間のむだが多く、診断医の肉体的負担も大きい。加えて、緊急時の対応ができない、1週間に1度程度しか登院しないので患者への結果説明が遅くなる、などの問題があった」と言う。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/report/201006/515668.html

日経メディカルオンライン 「医療とIT レポート」