まずは、読影医の環境を整備して、読影負担を軽減することが重要である。眠っている人的資源も発掘をすべきであろう。出産、子育てで第一線を退いた女性医師や開業している画像診断専門医にもネットワークに参加してもらう。ネットワークが整備され、読影医効率化も進むであろう。小手先だけの対処では、全く不十分であり、俯瞰的な視点に立ち、地域医療として大きく変えていくことが大切と思う。