平成22年10月現在、22の医療施設、16名の読影医がネットワークに参加している。このような試みは、画像の分野だけでなく、医療の分野全体に応用することが可能と思う。遠隔医療が発展することは、深刻化する医師不足に対して、解決の糸口を与えるものと信じている。