サンプルレポート

現在までのレポート公開数
0042症例

頭部

【読影診断】右前頭葉皮質下出血、脳室内穿破

2015.12.24

293303-08405874(編集)

検査目的・臨床情報

元来健康で基礎疾患なし、本日もいつもと同じように生活していた。就寝後11時頃に咳が聞こえ始め、苦しそうな呼吸となり母親が見に行くと意識がなく、強直性の痙攣のような動きがみられ救急要請し来院しCTで脳出血が判明。

所見

右前頭葉に長径6cmの皮質下血腫を認めます。脳室内穿破を伴っています。左側への正中偏位を認めます。
両側ACA分枝が拡張し右前頭葉の血腫の内側にnidusを疑う長径20mmの増強される部分を認めます。AVMを疑います。SSS、ISSに還流しています。右sylvian vein〜sphenoparietal sinusも拡張しています。
Spetzler-Martin分類score2に相当と思われますが正確な評価はDSAが必要と思われます。

その他、有意な所見ありません。

読影診断

右前頭葉皮質下出血、脳室内穿破
右前頭葉AVM(Spetzler-Martin分類score2)疑い
*正確な評価はDSAが必要と思われます。