サンプルレポート

現在までのレポート公開数
0042症例

頭部

【読影診断】基底核T1短縮:糖尿病によるバリスムを伴う高血糖脳症の可能性 臨床像や臨床データと併せて診断をお願いします。 軽度の左硬膜下血腫 右MCA動脈瘤、左MCA狭窄

2016.01.06

293312-01295209

検査目的・臨床情報

めまい、嘔気嘔吐、後頭部痛
X/Xから嘔吐、下痢があり近医で点滴をしていた。今朝、窓をふこうとしたところ眩暈、気分不良出現、横になっていたが改善しないため救急要請し来院。

所見

右尾状核全体と尾状核・被殻腹側にT1強調像にて高信号域を認めます。片側性であり、拡散強調像、T2強調像やCTでは異常を指摘できません。画像からは糖尿病によるバリスムを伴う高血糖脳症の可能性がありますが、不随意運動はないでしょうか?
軽度の左硬膜下血腫を認めます。
両側大脳半球白質に慢性虚血に起因すると思われるT2延長域を認めます。

MRIにおいて径4mm程度の右MCA動脈瘤を認めます。
左MCA M1部に中等度狭窄を認めます。

その他、有意な異常は認めません。

読影診断

基底核T1短縮:糖尿病によるバリスムを伴う高血糖脳症の可能性
臨床像や臨床データと併せて診断をお願いします。
軽度の左硬膜下血腫
右MCA動脈瘤、左MCA狭窄