サンプルレポート

現在までのレポート公開数
0042症例

頭部

【読影診断】右海綿静脈洞外側の血腫疑い:右Meckel腔、海綿静脈洞を圧迫しています。血腫による圧迫にて生じた動眼神経、外転神経、滑車神経、三叉神経の麻痺の可能性を考えます。脳神経外科へのコンサルトをお願いします。 右海綿静脈洞は血栓化を疑います。 右頭頂葉〜放線冠〜内包後脚〜大脳脚T2高信号域:脳血管障害病変及び術後変化を疑います。

2016.01.06

293303-08405874 (2)

検査目的・臨床情報

下垂体腺腫術後、脳出血術後^動眼神経、外転神経、滑車神経、三叉神経の麻痺を認めます

所見

右海綿静脈洞外側に長径15mmのT1強調像にて高信号、T2強調像にて低信号域を認め、血腫を疑います。dynamic studyでは血腫は海綿静脈洞外に見えます。残存病変内に生じた出血を疑います。右海綿静脈洞は血腫に圧排されており、左側に比較して造影不良であり、右海綿静脈洞血栓化の可能性があります。また、右Meckel憩室も血腫に圧排されています。血腫による圧迫にて生じた動眼神経、外転神経、滑車神経、三叉神経の麻痺の可能性を考えます。脳神経外科へのコンサルトをお願いします。

右頭頂葉〜放線冠〜内包後脚〜大脳脚にT2高信号域を認めます。脳血管障害病変及び術後変化でしょうか。既往の確認と前回画像との比較をお願いします。
その他、有意な異常は認めません。

読影診断

右海綿静脈洞外側の血腫疑い:右Meckel腔、海綿静脈洞を圧迫しています。血腫による圧迫にて生じた動眼神経、外転神経、滑車神経、三叉神経の麻痺の可能性を考えます。脳神経外科へのコンサルトをお願いします。
右海綿静脈洞は血栓化を疑います。
右頭頂葉〜放線冠〜内包後脚〜大脳脚T2高信号域:脳血管障害病変及び術後変化を疑います。