放射線科専門医の確保が難しい医療機関様へ質の高い診断結果をお届けします

今日の医療では、画像検査が治療方針に影響を与えるほど重要な役割を果たしています。しかし、いわゆる医師不足により、画像診断精度や治療効率が低下する問題が発生しております。Y’s Reporting Systemはご契約いただいた医療機関から伝送された画像データを専属の放射線科医に振り分け、一次読影を行います。更に場合によっては放射線科専門医歴15年以上の医師が二次読影を行う(※)というダブルチェックシステムを整えています。

一般的な従来の遠隔診断システム

診断専門医でも、経験年数の差やそれぞれの得意・不得意分野があります。
読影医に、任意の症例が振り分けられるため、以下のような問題が生じます。

問題点 ・読影レポートの、質のばらつき・所見の見落とし・誤字脱字 など

遠隔画像診断サービス ワイズレポーティングシステム

当システムでは、従来の遠隔診断システムの問題点を解決し質の高い診断結果をご提供いたします。

STEP01 依頼施設より画像データ受信

STEP02 専属の放射線科専門医が読影依頼を振分け

STEP03 放射線科専門医による一次読影

STEP04 専門スタッフによる校正

STEP05 経験豊富な医師による二次読影