熊本遠隔画像診断センター

遠隔地においても最高レベルの画像診断を提供することで\健康と福祉の増進に貢献する

熊本大学大学院
医学薬学研究部
放射線診断学分野教授

山下 康行

近年、医療における画像診断の重要性はますます高まっておりますが、画像診断を専門とする放射線専門医は全国的に不足しており、熊本の医療圏におきましても例外ではありません。特に遠隔地で専門医が不足しており、医療の質が大きく損なわれておりました。

熊本大学医学部放射線医学教室が中心となって、熊本県及び近隣県の医療施設でも、大学病院と同等の質の高い医療を享受できるようにすることを目的として、熊本大学放射線医学教室連携遠隔画像診断センターを開設し、以下のような方針のもと活動しております。

  • 画像診断医が不在の病院・クリニックにおいて、
    現場での指導と日々の画像診断を支援する。
  • 画像診断医が不足している地域の医療施設において
    画像診断を後方支援する。
  • 病院間での難しい症例の診断支援やコンサルティングを行う。

私どもは「熊本県の画像診断医療を支えるのは私どもの教室しかない」という責務から、遠隔地においても最高レベルの画像診断を提供することで、県民の健康と福祉の増進に貢献したいと考えております。

熊本遠隔画像診断センター

〒860-0812
熊本市中央区南熊本3丁目14-138
TEL:096-247-8844

GoogleMaps
地図