サンプルレポート

現在までのレポート公開数
0042症例

四肢

【読影診断】石灰化上皮腫(calcifying epithelioma)として、矛盾しません。

2013.12.09

293303-11001729

検査目的・臨床情報

右上腕皮下腫瘍
石灰化上皮腫の疑いです。

所見

右肩皮下組織を中心に30x23mmの境界明瞭な結節影を認めます。T1強調像、T2強調像とも低信号を基調とし、T2強調像では不規則な高信号影が内部にみられます。STIR像では微細粒状影が内在しているのが観察されます。高度に石灰化した陰影が疑われます。
発生部位、年齢なども考慮して、石灰化上皮腫(calcifying epithelioma)として、矛盾しません。
三角筋に近接していますが、明らかな浸潤はありません。
腋窩のリンパ節が複数腫大しています。いずれもリンパ門が明瞭に観察され、病的意義は乏しいと思いますが、超音波でも観察してみてください。
その他、明らかな異常を指摘できません。

読影診断

石灰化上皮腫(calcifying epithelioma)として、矛盾しません。